2014年度、R&D事業案件(5号・データマイニング・自然言語処理等)を開始

この度、遊休データ研究所は、以下に関する2014年事業案件(5号)に入りました。

・データマイニング
・自然言語処理

大学より、WEBのクローラーの研究、データ解析等を行っていた為、
本事業の立ち上げを全面的に支援しております。

まずは、一定期間での支援による事業化をめざし、法人格及びグローバルで愛されるプロダクトの支援を目指します。